当前位置:首页> 日语资讯> 日语娱乐

骂人是用「バカ」还是「アホ」?

发布时间:2017-10-21  来源:  浏览:608

「バカ」と「アホ」の違い



「バカ」和「アホ」的不同



バカ(馬鹿)とアホ・アホウ(阿呆)は、共に「愚かなこと」「愚かな人」を表す言葉で、主に、関東では「バカ」が常用され、関西では「アホ」が常用される。



「バカ」(汉字写做“馬鹿”)和「アホ・アホウ」(汉字写做“阿呆”)都表示“愚蠢的事情”、“愚蠢的人”。关东地区常用「バカ」,关西地区常用「アホ」。



常用される言葉は、軽いニュアンスで使われることも多いため、侮辱された印象も少ない。



常用词因为带有轻微开玩笑的语气使用,因此不怎么带有侮辱色彩。



常用されない言葉は、軽いニュアンスで使われる場面がないことから、侮辱された印象が強くなる。



但不常用的词,因为不会在开玩笑时使用,会给人很严重的侮辱印象。



そのため、関東では「アホ」の方が侮辱された印象が強く、関西では「バカ」の方が強く感じられる傾向にある。



因此,在关东「アホ」更具有侮辱性含义,而在关西地区则是「バカ」更容易让人感觉被侮辱。



アホは関西を中心に使われる言葉であるが、上方漫才の影響により全国的にも使われるようになってきた。



「アホ」是在以关西为中心所使用的词汇,但是受到上方漫才(上方主要指京都、大阪地区)的影响,在全国也被广泛使用。



また、愛知や岐阜ではバカやアホのほか、「たわけ」も常用されている。



而在爱知、岐阜地区,除了「バカ」和「アホ」之外,也常用「たわけ」。



バカを強調語として使う場合は、「馬鹿高い」「馬鹿に暑い」などという。



将「バカ」作为表示强调的词使用时,可以说「馬鹿高い」(贵的离谱)、「馬鹿に暑い」(太热了)等。



アホも強調語として使われるが、「阿呆みたいに高い」「阿呆ほど暑い」というように、用法に違いがある。



「アホ」也可以当做强调的词语使用,像「阿呆みたいに高い」(贵的离谱)、「阿呆ほど暑い」(太热了)这样,(与バカ的)用法不同。



バカには「馬鹿正直」「親馬鹿」「筋肉馬鹿」など、度が過ぎていることや、社会的常識に欠けていることをいう表現があるが、アホにそのような表現はない。



「バカ」还有像是“死心眼”“糊涂父母”(指过于溺爱子女的父母)“肌肉狂魔”等,表示过度了的东西、或者欠缺社会常识的东西,但是「アホ」并没有类似的表现。